IT導入補助金2019でMicrosoft Defender ATPを導入できます

当社はIT導入補助金の ITベンダー・サービス事業者ですので、補助金を利用して半額でMicrosoft Defender ATPを導入いただけます。

Microsoft Defender ATPを導入する場合、「Windows 10 Enterprise E5」または「Microsoft 365 Enterprise E5」のどちらかのライセンスが必要になります。
IT導入補助金2019を活用する場合、Windows 10 Enterprise E5 + EMS E3(E5でも可) の組み合わせで申請基準を満たすことが可能です。

是非この機会に補助金を活用して最新のセキュリティ対策を導入してみませんか?

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

IT導入補助金の補助額は

A類型 40万~150万円未満
B類型 150万~450万円
補助率 1/2以下

IT導入補助金を利用できる方は

IT導入補助金の対象者は 中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

IT導入補助金の活用例

PC20台の事務所にMicrosoft Defender ATPを導入する場合

Windows 10 Enterprise E5 + EMS E3

初期導入費用

クラウド設定費70,000円1式70,000円
現地インストール作業費10,000円20台200,000円
初期導入費合計270,000円

月額費用

EMS E3950円20台19,000円
Windows 10 Enterprise E51,200円20台24,000円
保守費15,000円1式15,000円
セキュリティ運用費30,000円1式30,000円
月額費用合計88,000円


初年度合計 1,326,000円

→IT導入補助金を利用すると半額の663,000円が補助されます。

Microsoft Defender ATPについての詳細はこちら

Windows 10 Enterpriseについての詳細はこちら

EMSについての詳細はこちら

IT導入補助金2019についての詳細はこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ