SharePoint OnlineとNASを同期4~NAS(Synology)にCCランナーをインストール~

NAS(Synology)にコントロールセンターランナー(CCランナー)をインストールします。CCランナーはコントロールセンターからの解析とシンクロのジョブを受け取って実行するエージェントプログラムです。

CCランナーはコマンドラインでインストールするため、SynologyのSSHを有効にします。

Synologyの管理画面(DSM)にログインします。

コントロールパネル > [端末とSNMP]を開きます。

[SSHサービスを有効にする]にチェックを入れて[適用]をクリックします。

Tera Term等のSSHターミナルクライアントから、Synologyへ接続します。

スーパーユーザーになります。

Administrator@ds218plus:~$ sudo su

Linuxインストーラーをダウンロードします。

ash-4.3# wget https://www.goodsync.com/download/cc-runner-install-x86_64-release.run
–2019-12-03 10:51:39– https://www.goodsync.com/download/cc-runner-install-x86_64-release.run
Resolving www.goodsync.com… 67.208.88.198
Connecting to www.goodsync.com|67.208.88.198|:443… connected.
HTTP request sent, awaiting response… 200 OK
Length: 3422256 (3.3M) [application/octet-stream]
Saving to: ‘cc-runner-install-x86_64-release.run’

cc-runner-install-x 100%[===================>] 3.26M 825KB/s in 4.7s

2019-12-03 10:51:44 (704 KB/s) – ‘cc-runner-install-x86_64-release.run’ saved [3422256/3422256]

ダウンロードしたファイルに実行権限を付与します。

ash-4.3# chmod +x ./cc-runner-install-x86_64-release.run

次に、ダウンロードしたインストーラーを実行します。

ash-4.3# ./cc-runner-install-x86_64-release.run

インストーラーは、ユーザーに次の情報の入力を求めます。

インストールディレクトリ:アプリケーションがインストールされるパス
 ⇒そのまま[Enter]キー

システムユーザー:コントロールセンターに接続するユーザーアカウント
 ⇒ユーザー名(root)を入力

Job Server URL :コントロールセンターのURLアドレス。デフォルトはhttps://jobs.goodsync.comです。
 ⇒そのまま[Enter]キー

会社ID :特定の会社のコンソールをランナーに示します。
 ⇒コントロールセンターの[設定]タブにあります

会社PIN :着信ランナーをホワイトリストに登録するために使用されるPIN(オプション)
 ⇒コントロールセンターでPINを設定した場合はその値を入力。無ければそのまま[Enter]キー

暗号化パスワード:アップロードされたアカウントまたはジョブを暗号化するためのパスワード
 ⇒アカウント暗号化用パスワードを入力

下記コマンドでCCランナーを実行します。

ash-4.3# gs-cc-runner /cc-runner

しかし、このコマンドはシャットダウン時に終了してしまうため、コマンドが常時動作するように起動時に自動的に動作するための設定をします。

Synologyの管理画面(DSM)にログインし、[コントロールパネル] > [タスクスケジューラー]画面で、[作成] > [トリガーされたタスク] > [ユーザー指定のスクリプト]をクリックします。

[タスク名]を入力して、[有効]にチェックを入れます。
[イベント]に「ブートアップ」が選ばれていることを確認します。

[タスク設定]タブをクリックして、[ユーザー指定スクリプト]欄に下記スクリプトを記述します。

export HOME=”/root”
gs-cc-runner /cc-runner

[OK]をクリックします。

Synologyを再起動後、GoodSyncコントロールセンターの[Runners]画面で緑色の[Online]としてリストアップされていることを確認します。

次にSynologyのCCランナーをアクティベーションします。
現在はAssignedは[false]表示です。

[Actions▼]から[Activate]をクリックします。

[SAVE]をクリックします。

Assignedが[True]表示となり、CC Runner接続完了です。

これでコントロールセンターとSynologyが通信可能な状態となりました。

次に管理用PCで同期のためのジョブを作成します。

あっ、あとSSHを無効に戻しておくことをお忘れなく。

SharePoint OnlineとNASを同期1~概要編~
SharePoint OnlineとNASを同期2~グッドシンクコントロールセンターの準備~
SharePoint OnlineとNASを同期3~NAS(Synology)にグッドシンクサーバーをインストール~
・SharePoint OnlineとNASを同期4~NAS(Synology)にグッドシンクCCランナーをインストール~(このページ)
SharePoint OnlineとNASを同期5~管理用PCにグッドシンクエンタープライズワークステーションをインストール~
SharePoint OnlineとNASを同期6~グッドシンクコントロールセンターの設定~