Windows Server 2016 Defender ATP オンボード

Windows Server 2016 Defender ATP オンボード

必要なライセンス
Windows 10 Enterprise E5
Defender ATP 無償試用版のサインナップ:
https://www.microsoft.com/microsoft-365/windows/microsoft-defender-atp?ocid=docs-wdatp-minreqs-abovefoldlink

診断データサービスの設定確認
コマンドプロンプトを管理者モードで起動
sc qc diagtrack
START_TYPE が AUTO_START になっていればOK

Azure セキュリティセンターを使用したオンボードサーバー

ナビゲーションウィンドウで、[設定 > ]、[コンピューター管理 > のオンボード] の順番に選びます。

オペレーティングシステムとして Windows Server 2008 R2 SP1、2012 R2、2016を選択します。

[ Azure Security Center でオンボードサーバー] をクリックします。

「Microsoft Defender Advanced Threat Protection In Azure Security Center」のオンボード手順に従います。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/security-center/security-center-wdatp

Microsoft Defender セキュリティセンターポータルからサーバーの監視を有効にする

ナビゲーションウィンドウで、[設定 > ]、[コンピューター管理 > のオンボード] の順番に選びます。

オペレーティングシステムとして Windows Server 2012 R2 と2016を選びます。

Turn on server monitoring をクリックし、環境のセットアップに進むことを確認します。 セットアップが完了したら、[ワークスペース ID] フィールドと [ワークスペース キー] フィールドに一意の値が挿入されます。 MMA エージェントを構成するには、これらの値を使う必要があります。

Microsoft Monitoring Agent (MMA) をインストールして構成し、Microsoft Defender ATP にセンサーデータを報告します。

エージェント セットアップ ファイル (Windows 64 ビット エージェント) をダウンロードします。

前の手順で提供されたワークスペース ID とワークスペース キーを使って、次のいずれかのインストール方法を選んでエージェントをサーバーにインストールします。

セットアップを使ってエージェントを手動でインストールする

[エージェントのセットアップ オプション] ページで、[エージェントを Azure Log Analytics (OMS) に接続する] を選びます。コマンド ラインを使ってエージェントをインストールし、スクリプトを使ってエージェントを構成します。

Microsoft Monitoring Agent のプロキシ設定を構成する必要があります。 詳しくは、「プロキシ設定の構成」をご覧ください。

完了すると、1 時間以内にオンボード サーバーがポータルに表示されます。

Azure Security Center との統合
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/security-center/security-center-onboarding

Microsoft Defender ATP の最小要件:
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/security/threat-protection/microsoft-defender-atp/minimum-requirements
Microsoft Defender ATP サービスに対するオンボードサーバー:
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/security/threat-protection/microsoft-defender-atp/configure-server-endpoints

IT導入補助金2020でMicrosoft 365を導入できます

当社はIT導入補助金の ITベンダー・サービス事業者ですので、補助金を利用してMicrosoft 365を導入いただけます。

■テレワークに興味はあるが導入に躊躇していた方

■初期導入費が導入障壁になっている方

■ちょっと試してみたい方

是非この機会に補助金を活用してクラウド化してみませんか?

公募スケジュール

下記スケジュールで申請を受け付けています。

交付申請期間 2020年8月31日(月)17:00 まで
交付決定日 2020年9月30日(水)(予定)
交付申請期間 2020年9月30日(水)17:00 まで
交付決定日 2020年10月30日(金)(予定)

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

IT導入補助金の補助額は

類型補助率補助額備考
A類型 1/2 30万~150万円
B類型 1/2 150万~450万円
C類型 -12/3 30万円~450万円サプライチェーンの毀損への対応のみ
C類型-23/430万円~450万円非対面型ビジネスモデルへの転換
テレワーク環境の整備

IT導入補助金を利用できる方は

IT導入補助金の対象者は 中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

IT導入補助金の活用例

PC10台の事務所にOffice365でテレワークとセキュリティ対策を導入する場合

Office 365 E3 + EMS E3 + Windows 10 Enterprise E5 + Phone System + Unitalk

初期導入費用

導入コンサルティング費200,000円1式200,000円
クラウド初期設定費560,000円1式560,000円
インストール作業費30,000円10台300,000円
Unitalk初期費用1,000円10台10,000円
操作・利用指導費140,000円1式140,000円
初期導入費合計1,210,000円

月額費用

Office365 E32,170円10台21,700円
EMS E3950円10台9,500円
Windows 10 Enterprise E51,200円10台12,000円
Phone System870円10台8,700円
Unitalk800円10台8,000円
保守費10,000円1式10,000円
セキュリティ運用費20,000円1式20,000円
月額費用合計89,900円
年額費用合計1,078,800円


初年度合計 2,288,800円

→IT導入補助金を利用すると3/4の1,716,600円が補助されます。

ご利用いただけるサービス一覧

IT導入補助金は、ITツールとして事前に登録されているサービスしかご利用いただくことができません。弊社で登録済みのサービスは下記の通りです。

Microsoft 365 E5
Microsoft 365 E3
Microsoft 365 F3
Microsoft 365 Apps for enterprise
Microsoft 365 Business Premium
Microsoft 365 Business Standard
Microsoft 365 Business Basic
Microsoft 365 Apps for business
Office 365 E5
Office 365 E3
Office 365 E1
Enterprise Mobility + Security E5
Enterprise Mobility + Security E3
Microsoft Cloud App Security
Microsoft Power Apps
Dynamics 365 Business Central Premium
Dynamics 365 Business Central Essential
Dynamics 365 Business Central Team Members
Dynamics 365 for Sales Professional
Dynamics 365 for Customer Service Professional
Dynamics 365 for Field Service
Windows 10 Enterprise E5
Windows 10 Enterprise E3
HoloLens 2
クラウド導入コンサルティングサービス
クラウド構築サービス
クラウド運用保守サービス

Office365を活用したテレワークについての詳細はこちら

IT導入補助金2020についてはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ